2020年01月01日

オートバックスセブン

オートバックスセブンは東京都江東区に本社を置くカー用品店最大手のチェーンである。代表取締役兼CEOは住野公一。社外取締役にはカルビー社長兼CEO.CIO中田康雄氏を迎え入れている。

日本初のカー用品総合専門店で、創業者の住野敏郎がアメリカを視察したときに見たカー用品総合専門店を日本でも実現できないか、という発想から生まれた。 名称は取り扱う品目の一部から頭文字:タイヤ(Tire)・オイル(Oil)・バッテリー(Battery)・アクセサリ(Accesory)・クーラー(Cooler)に自動車を意味するオート(AUTO)を冠し(TとOは重複)、末尾にサービス(Service)のSを付加したもの。

市場情報 東証1部 9832
大証1部 9832
LSE AUB


略称 オートバックス
本社所在地 135-8717
東京都江東区豊洲5-6-52
電話番号 03-6219-8728
設立 1948年8月12日
業種 卸売業
事業内容 カーエレクトロニクス、カースポーツ用品、他
代表者 住野公一(代表取締役社長兼CEO)
資本金 339億98百万円
売上高 単体:2,030億円(2006年3月期)
連結:2,402億円(2006年3月期)
従業員数 908名(2006年4月1日現在)
決算期 3月末日

References from Wikipedia





【関連する記事】

2007年04月03日

使用済タイヤの行方

モータリゼーションの発展とともにタイヤの消耗量も膨大なものとなり、廃タイヤの処理も問題となっている。放置されたタイヤに溜まった水から発生する悪臭や、水に蚊が産卵することによる虫害、野積みされたタイヤが自然発火するなどの事故も発生している。 また他の樹脂製品同様腐敗しにくく、廃棄されると長期にわたって残り続ける。山林などに不法投棄された乗用車は、20年程度経過しているものでさえ、車体や内装はぼろぼろに朽ちても、タイヤだけはほとんど侵蝕されず原形をとどめ続ける。


リユース
径の大きな廃タイヤは重くて丈夫なため、公園の遊具やスポーツトレーニング用として利用される。 径の小さな廃タイヤは花壇の外周を装飾するような利用法があり、小学校や幼稚園で見かける。 また、適当な大きさの廃タイヤを集めて、漁船やタグボートなど小型船舶の防舷物とする使い方もある。また、サーキットにはコースアウトした車を突入させて安全に減速させる部分があるが、ここに廃タイヤを使った「タイヤバリア」なるものがある。


リサイクル
最もリサイクル用途が高いのは、燃料としてのサーマルリサイクルであり、廃タイヤの半数程度がセメントや製鉄工場の高炉に投入される。この際、タイヤに含まれているスチールコード類も鉄原料として、セメントの成分や鉄材に残らずリサイクルされる。残りは、マテリアルリサイクルの原材料として、再生タイヤの需要が高い海外へ輸出、また、国内向けには緩衝材や防音材として利用されている。

リトレッド
航空機などのタイヤは、使用済みのタイヤのトレッド、サイドウォールを張り替える事で何度か再利用されている。また、大型トラックやバスでは、再生タイヤが後輪に使われていることが多い。特に輸送コスト、とりわけタイヤ関連の維持費を圧縮したいと考えるのはこのような車種を大量に抱えている事業者であり、その要望に応える形としてタイヤメーカーが協調的に関与し、新品タイヤから再生タイヤへの交換、再生タイヤの計画的な補修と廃棄についてのプランが提示されている。

タイヤメーカーにとっては新品が売れないという弊害があるものの、それを上回る形で再生タイヤの使用を促して利益を保っている。また、このサイクルを維持する起点として、リトレッドされること前提にしたタイヤ製品が存在している。再生タイヤの利用は廃棄物を減らす意味で効果的なので、ユーザーとしてはコスト削減とともに、環境破壊を抑制する企業活動を行えるので好都合である。

一般乗用車での再利用率は非常に低い。コストの問題と、タイヤの構造が再生に不向きなのが主たる原因である。乗用車のタイヤはバスや大型トラックのタイヤに比べて薄手であるため加工する余地がほとんどなく、仮に加工したとしても安全性の確保が難しい。タイヤメーカーは乗用車用タイヤの再生を認めていない。(ただしドリフト走行を行う場合には後輪を滑らせるためわざと再生タイヤ(俗にウンコタイヤと呼ばれる)を履く事があるが非常に危険)また、トレッドを張り替える際のパターンに付いて、新品と同様のパターンを付ける事は意匠権の関係から、権利者であるタイヤメーカーの許諾が必要であり、安直に再生する事は出来ない。

加工を伴わない乗用車用タイヤの再利用は、スタッドレスタイヤの通年利用である。溝の深さが新品時に比べて半分になったスタッドレスタイヤは雪上を安全に走行する能力を失い、雪上走行用として用いることができなくなる。そのかわり、法律で定められた摩耗限度まで、普通のタイヤとして利用することができる。タイヤメーカーは、スタッドレスタイヤの商品情報を掲載したカタログでこの方法を示している。スタッドレスタイヤは一般的なタイヤに比べて表面が柔軟なため、通常の乾燥路面における乗り心地や操作性が良いと感じる人がいる。


References from Wikipedia





【リリース・その他製品】世界に通じ.../藍出遅れた51位/米女子ゴルフ/港区ゴルフ店☆ゴルフショップ一覧:.../MCRのチューブはどうなのか/2007年 JAF全日本ジムカーナ選手権 名.../中古品送料無料!!キャロウェイ HYPE.../'ダンロップ'イベント/衝動買い/まぁ・・・/ボーリング大会/送料無料・ガット張り無料!Wilson(.../'ダンロップ'を着た親父/日本ゴルフツアー機構(JGTO)が.../男子ゴルフの横尾要(34)が15日.../東京モーターサイクルショー/50もへ〜に告白。/春でつね¶/全室オーシャンビュー!太平洋を見渡.../ブリヂストン RACING MINI S01/S02 発...

タイヤメーカー

ブリヂストン
ファイアストン
ミシュラン
BFグッドリッチ
住友ゴム工業・グッドイヤーグループ
グッドイヤー
ダンロップ
フルダ
ファルケン※旧「オーツタイヤ」
ピレリ
横浜ゴム
東洋ゴム工業
日東化工 ※旧「日東タイヤ」
コンチネンタルAG
ハンコックタイヤ
クムホタイヤ
メッツラー
ナンカンタイヤ
井上ゴム工業 (IRC)
三ッ星ベルト
ユニロイヤル
ミッキー・トンプソン
フェデラル


References from Wikipedia


タイヤに必要な空気調整

当然であるが、タイヤは適正量の空気が入っていなければ役割を果たさない。タイヤに空気が入って、車重を支える事が可能になる。ある意味、空気はタイヤにとって最重要の部品とも言える。タイヤおよびその使用車種によって適正な空気圧が指定されているが、乗用車の場合、200kPa前後が指定されていることが多い。適正な空気圧を保つのが重要であるが、時間の経過とともにタイヤから空気が漏れ出したり、暑い時に適正な空気圧で空気を入れたとしても空気の密度が低いので気温の低下により体積の減少=圧力低下を招いたり、様々な原因で空気圧は低下する方向に作用する。タイヤが熱くなっていないときに空気圧をチェックし、補充することが大切である。

空気圧過大
極端な場合、2〜3倍の空気圧で空気を入れてもタイヤは破裂することはないように作られている。

指定の空気圧より高めの圧力の空気が入っている場合、タイヤがバウンドし易くなって段差や路面の凸凹のショックを直に受け取り、乗り心地が低下するともに、タイヤの接地面積が減少し路面に制動力・駆動力が伝わり難くなる。つまり、グリップの悪化を招く。また、タイヤトレッドは中心部から磨耗していく。

空気圧過少
適正な空気圧の半分程度の圧力になると、タイヤが凹んでいることが目で見て分かるようになる。この状態で運転を続けるとスタンディングウェーブ現象が発生し、タイヤが破裂(バースト)することがあり、大変危険である。

指定の空気圧より低め圧力の空気が入っている場合、タイヤの接地面積が増加し路面に制動力・駆動力が伝わり易くなる。つまり、グリップの向上を招くが、半面、タイヤが撓み易くなるのでコーナリング性能の悪化を招く。また、タイヤトレッドは両肩部から磨耗していく。


References from Wikipedia


タイヤの構造

タイヤには、大きく分けて2種類の構造を持ったタイヤがある。タイヤ内部のカーカス(後述)がタイヤの回転方向に対して垂直になっている「ラジアルタイヤ(以下ラジアル)」と、斜め方向になっている「バイアスタイヤ(以下バイアス)」である。

一般的にいって、ラジアルは操縦性・安定性が優れており、トレッド変形が少ないため、耐摩耗性に優れ、タイヤ自体の発熱も少ないなどの利点があるが、バイアスタイヤと比べ、高価となる。 またかつてはタイヤの内部に空気を閉じ込めるチューブを入れることを前提としたチューブタイヤが主流であったが、現在はホイールとタイヤのみで空気を保持するチューブレスタイヤが主流となっている。

リム組みされた一般的なチューブレスラジアルは、以下のような部位と構造を持っている。

1 - ブレーカーコード
接地面の強度を増し、異物の貫通を防止する。スチールワイヤーを編んでベルト状に構成されている。

2 - カーカスコード
タイヤ構造を保持し、タイヤの骨格の役割を持つ。

3 - ビード部
タイヤ内周のホイールリム4に接する部分。タイヤをホイールに固定し駆動力を伝えるとともに、空気が漏れないようにシールする。また内部にはビードワイヤーと呼ばれるスチール製のワイヤーを内包している。

4 - ホイールリム
タイヤとホイールの端部であるホイールリム4との間に空気を保持する。当然であるが、タイヤは適正量の空気が入っていなければ役割を果たさない。タイヤに空気が入って、車軸を支える事が可能になる。ある意味、空気はタイヤにとって最重要の部品とも言える。

5 - トレッド部
主に路面に接する部分。表面にはトレッドパターンと呼ばれる溝が彫られている。この溝は、トレッドと路面の間に入った水の排水や、スリップの防止などの為に彫られている。オートバイタイヤのトレッド面は丸く、車体を傾けると旋回する方向への内側と外側で接地面の直径が変わり車体を旋回させようとする力が生じる。

また、トレッド部の両端部(タイヤの肩の部分)をショルダー部と呼ぶ。舗装路上での激しい旋回運動などの際には最も酷使される部分で、トレッド部の中央部分に十分な溝が残っていてもショルダー部に溝がなくなると操舵性能が著しく低下する。

6 - サイドウォール部
タイヤの側面。路面には接地しないが、走行中は路面の凸凹に対応する為に、激しく屈伸している。メーカー名やサイズなどが表示されて(刻まれて)いる。最も薄い部分であり、ここを傷付けると修理が効かず交換が必要となる。


References from Wikipedia


タイヤの歴史

ゴムタイヤとは衝撃の緩和や、安定性の向上などを目的に、車輪(ホイール)の外周にはめ込むゴム製の部品。自動車、自転車、オートバイ、モノレールや新交通システム、地下鉄などの一部の鉄道車両、航空機(飛行機)、建設機械など地上を移動する多方面の輸送機器に使用される。

自動車や自転車などの輸送機器用では中空構造をしており、通常、空気や窒素ガスなどの気体が入れられているが、フォークリフトなど、一部の用途では、一輪あたりの負担力を上げるため、中実構造のソリッドタイヤ(俗称・ノーパンク)も使われている。

気体が抜けてもしばらくは走れる、ランフラットタイヤも出回り始めた。

歴史
1867年に車輪の外周にゴムを取り付ける手法がもちいられるようになり、それまでの金属、木の車輪から脱皮する事になる。当時のゴムタイヤは空気入りではなく、ソリッドゴム(総ゴム)タイヤであった。

空気入りタイヤは1845年にイギリスのロバート・ウイリアム・トムソンが発明し、特許を取得をしていたが、実用化には至らず、1888年にイギリスの獣医師ジョン・ボイド・ダンロップが自転車用の空気入りタイヤを実用化するまで待たなければならなかった。

自動車用の空気入りタイヤとしては、フランス人のアンドレ・ミシュラン、エドゥアール・ミシュランのミシュラン兄弟が、1895年に開催されたパリからボルドーまでを往復する、全行程1200kmのレースに使用したのが最初である。このレースでミシュラン兄弟は100回近いパンクにもめげず、規定時間を超過しながらも完走した。

耐久性に問題があったとは言え、乗り心地、グリップ力、安定性に格段に優れていることを証明した空気入りタイヤは、これ以降急速に普及する事になる。


References from Wikipedia



トミーカイラ

トミーカイラとは1968年に設立された自動車メーカー、トミタ夢工場のブランド名である。主に自動車のチューニングを行っている。トミーカイラとは社長の冨田義一と副社長の解良喜久雄の名前を取って付けられている。

1967年 - トミタオート商会設立、輸入販売開始
1973年 - 株式会社トミタオートに改名する。
1984年 - 副社長の解良喜久雄と出会い、BMWのチューナー、ハルトゲの正規代理権を獲得。株式会社ハルトゲ・ジャパンと改める。
1985年 - チューニングカープロジェクト始動
1986年 - 京都の金閣寺の近くに本社を移す。(現在は南区吉祥院に移転)

1987年 - 日本初の公認チューニングカーメーカー「トミーカイラ」が誕生する。

1999年 - 株式会社オートバックスセブンと業務提携を結び、オートバックス店舗にてトミーカイラ車の販売を始める。
2001年 - オリジナルスポーツカー開発研究部門をオートバックスに譲渡する。これにより「オートバックス・スポーツカー研究所」が設立される。

2002年 - トミタ夢工場の販売部門が独立し、トミタ夢販売となる。

2003年2月14日 - トミタ夢工場が民事再生法による手続きを申請。負債額約10億5000万円。トミタ夢販売は現在も営業中。

正式名称 - 株式会社トミタ夢工場
設立 - 1968年
代表取締役社長 - 冨田義一
資本金 - 5,000万円

トミタ夢販売
正式名称 - 株式会社トミタ夢販売
設立 - 2002年5月1日
代表取締役社長 - 冨田大二郎
2006年現在 代表取締役は土方雄裕氏
本社所在地 - 京都府京都市南区吉祥院向田西町8
資本金 - 1,000万円


References from Wikipedia


posted by Erika at 17:05| オートバックス タイヤ:関連会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オートバックスCEOの履歴

住野 公一(すみの こういち、1948年1月28日 - )は、日本の経営者。株式会社オートバックスセブン代表取締役CEO(最高経営責任者)、学校法人住野学園湘南オートモビル・ビジネス専門学校理事長。大阪府生まれ。

大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎を経て、1970(昭和45)年立命館大学経済学部を卒業。株式会社オートバックスセブン(本社:東京都江東区)の前身である大豊産業株式会社(大阪府大阪市)に入社。貿易部で1年間経験を積んだ後、休職して慶應義塾大学のビジネススクールへ進学した。その後、欧米での営業活動を経験。帰国後の1974年、自動車用品の販売と取付・整備を一体化した新しい営業形態を特徴とするカー用品チェーン・「オートバックス」の1号店を大東市に開店。国内の自動車部品・用品店をフランチャイズ化して現在のオートバックス王国を築き上げた。今後は開発小売業への進化を目指している。

趣味は学生時代から続けているチェロと車。 チェロの腕前はプロ級で、2004(平成16)年にはCD「夢の後に−公ちゃんのロマンティック・チェロ−」を発表している。 愛車はジープ・グランドチェロキーとTVRタスカン。 大阪出身ということもあって大のお笑い好きであり、オートバックスが特別協賛している「M1グランプリ」(朝日放送)は彼の肝煎りで創設されており、優勝者に対して賞金プレートを渡すのがエンディング恒例となっている。


References from Wikipedia


事業形態とオートバックス発展の軌跡

オートバックス
スーパーオートバックス
1997年から展開している大型自動車用品店。自動車用品ばかりではなく、化粧品や音楽CD、書籍なども販売しており、高度なカスタマイズやチューンアップも手がけている。また、東雲店 (東京都江東区)などではASLの車輌が展示、販売してあり、かしわ沼南店 (千葉県柏市:旧沼南町) ではミニシネコン『シネスクープ』が併設してある。

オートバックス走り屋天国セコハン市場
下取りした中古パーツやアウトレット商品を取り扱う。2007年1月現在全国に28店。

オートバックスエクスプレス
セルフサービス式ガソリンスタンドをベースとした新業態。2007年1月現在九州を中心に5店。

ライコランド
二輪車用品店。2006年にフランチャイズチェーン本部機能をライダーズ・サポート・カンパニーから譲り受けグループ化。2007年1月現在関東に5店。

References from Wikipedia


posted by Erika at 16:48| オートバックス タイヤ:事業形態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。